急な出費などに備えた家計のやりくり方法

我が家は主人のお給料だけで生計を立てています。
主人のお給料は年俸制なのでボーナスや残業手当などの臨時収入は一切ありません。ですから突然の出費に備えて毎月のお給料から三種類の積立をしています。
一つ目は急な出費の為の「特別支出積立」ここからは冠婚葬祭を始め毎月の生計からは出せないものの出費に使います。
二つ目は「固定支出積立」ここは毎年支出が決まっているもの、例えば固定資産税や自治会費、お年玉など。
三つ目は「ボーナス積立」正確にはボーナスの代わりに使える積立です。家電を始め大きな買い物に備えた積立です。
この三種類の積立を始めてから心にもゆとりができ急な出費に慌てる事がなくなりました。

カードローンについて

銀行系のカードローンでは総量規制の対象外なので配偶者の同意が必要ありません。
旦那さんに内緒でお金を借りることができます。
主婦がお金を借りたくなるときは、やりくりに失敗して給料だけではお金が足りなくなってしまったときです。
カードローンで足りなくなった分を借りることができれば次の給料日までを乗り切ることができます。
太陽光パネルや自動車など大きな金額のものを買うことになった時にカードローンでお金を借りれば低い金利で返済することができます。
返済はコンビニエンスストアのATMを利用することができるのでとても便利です。

即日融資を受けるなら消費者金融がお勧め

即日融資を受けたいときには消費者金融が適しています。銀行の場合は審査や手続きに時間がかかることがあって、当日中の借入に間に合わないこともあります。でも消費者金融ではパソコンやスマホでネット申込をすると、最短で30分程度ですぐに審査結果がでるので短時間で素早く契約ができます。
即日融資を受けるには、平日14時までにすべての契約を完了させるのが必須の条件となります。消費者金融なら審査も速く契約も迅速に完了できるので、平日14時の制限時間内に余裕で間に合うのです。契約の際には保証人や担保も不要で、限度額50万円以下なら収入証明も要りません。本人確認書だけで契約可能で、面倒な書類を用意する手間も省けてスムーズに即日融資がうけられます。