お金に困る生活というのは?

余計なことに目を向けず静かに暮らしていれば、それほどお金に困る生活にはならないでしょう。お金に困る生活になってしまうのは興味の範囲が広かったり、いろんなものに手を出した結果だと思うのです。

ごく普通に生活していて生活が苦しくて苦しくてどうしようもないという事態になるとしたら、よっぽどの事情があると思います。

私の勝手な想像ですが、静かにつつましやかに暮らしていれば、食べ物に不自由したり支払いができなかったりということもないと思うのです。

モビット 増額について詳しくはこちらのサイトへどうぞ!

今日は大晦日なので夜に年越しそばを食べるのですが、ここ数年は自分で作るそばではなく、カップ
メンのそばで済ませています。
以前は袋入りの生そばを買ってきて、自分で出汁を作っていたのですが、最近では便利になったのと、
その方が値段的にも安いのです。
袋入りの生そばだけならまだ安いのですが、やっぱり2~3種類は具も入れなければなりません。
具を別に買っていたら、カップそばよりもかえって高くついてしまうのです。
今日買ったカップそばなんか、スーパーで80円そこそこで、ちゃんとてんぷらなどの具が楽しめるので
割安で便利ですよね。

 

自分の家が貧乏だなと思ったとき

小さい頃、子供ながらに、自分の家が貧乏だなと思ったことがあります。それは友達の家で夕ご飯をごちそうになった時のことです。

ごちそうになったのは、すき焼きだったのですが、まず自分の家と違って肉が沢山入っていました。

私はお金を年収1/3以上借りることは出来るのか疑問に思いました。

そして、一番驚いたのが、すき焼きを生卵を使って食べたことです。すき焼きを、といた生卵にくぐらせて食べました。自分の家では生卵は使ったことがありませんでした。これが、とても美味しくてビックリしました。と同時に、自分の家ってお金がないのかなあと思ってしまいました。

消費者金融について 

大手の消費者金融に断られて高金利の業者に借りざるを得ないという人もいます。
このような高金利の消費者金融は、高い利息を請求したりしてくるので危険です。
返済期日までに払えないと自宅まで取り立てに来たりします。
そのようなことになってしまったときには一人で問題を抱え込まずに無料相談を行っている弁護士に相談したほうがいいと思います。
適切なアドバイスをしてくれます。
ヤミ金融と呼ばれているような消費者金融は最初から利用しないということが大切です。
聞いたことのない社名の消費者金融には行かないように気をつけましょう。

急な出費などに備えた家計のやりくり方法

我が家は主人のお給料だけで生計を立てています。
主人のお給料は年俸制なのでボーナスや残業手当などの臨時収入は一切ありません。ですから突然の出費に備えて毎月のお給料から三種類の積立をしています。
一つ目は急な出費の為の「特別支出積立」ここからは冠婚葬祭を始め毎月の生計からは出せないものの出費に使います。
二つ目は「固定支出積立」ここは毎年支出が決まっているもの、例えば固定資産税や自治会費、お年玉など。
三つ目は「ボーナス積立」正確にはボーナスの代わりに使える積立です。家電を始め大きな買い物に備えた積立です。
この三種類の積立を始めてから心にもゆとりができ急な出費に慌てる事がなくなりました。

カードローンについて

銀行系のカードローンでは総量規制の対象外なので配偶者の同意が必要ありません。
旦那さんに内緒でお金を借りることができます。
主婦がお金を借りたくなるときは、やりくりに失敗して給料だけではお金が足りなくなってしまったときです。
カードローンで足りなくなった分を借りることができれば次の給料日までを乗り切ることができます。
太陽光パネルや自動車など大きな金額のものを買うことになった時にカードローンでお金を借りれば低い金利で返済することができます。
返済はコンビニエンスストアのATMを利用することができるのでとても便利です。

即日融資を受けるなら消費者金融がお勧め

即日融資を受けたいときには消費者金融が適しています。銀行の場合は審査や手続きに時間がかかることがあって、当日中の借入に間に合わないこともあります。でも消費者金融ではパソコンやスマホでネット申込をすると、最短で30分程度ですぐに審査結果がでるので短時間で素早く契約ができます。
即日融資を受けるには、平日14時までにすべての契約を完了させるのが必須の条件となります。消費者金融なら審査も速く契約も迅速に完了できるので、平日14時の制限時間内に余裕で間に合うのです。契約の際には保証人や担保も不要で、限度額50万円以下なら収入証明も要りません。本人確認書だけで契約可能で、面倒な書類を用意する手間も省けてスムーズに即日融資がうけられます。