帰省する旅費をキャッシングで借りました

競馬の重賞レースにボーナス全てを注ぎ込んで勝負に出たことがありました。

そのころは競馬に頭の先から爪先までドップリと浸かっていました。

仕事中も頭のなかは週末の競馬のことばかりでした。

年末の重賞レースは勝負するしかないと思いボーナスを全額注ぎ込んしまいました。

絶対に来ると思っていた私が選んだ本命は4着に終わり全てが終わってしまいました。

正月に田舎に帰省する金もなくなってしまいました。

帰らないと父と母に何と言われるか判りません。

そこでサイフの中にあった消費者金融のキャッシュカードで旅費を調達して帰省しました。

今はそんな馬券の買い方はしていませんが今でも競馬は続けています。

中堅消費者金融でも大丈夫です。

私は中堅の消費者金融でお金を借りました。
フタバという所で借りましたが、ネットには様々な
口コミがあります。
ヤミ金ではないかなどそういう口コミがありますが、
実際に申し込んでみないと分からないので申し込みをしてみました。
ネットで申し込みをしたのですが、翌日電話が掛かって来た時には女性のオペレーターで、対応などは
とても親切でした。
すごくいい印象が持てました。
融資をしてもらったのは20万円で銀行振込で即日融資をしてもらいました。
大手と違いカードがない為、その点は少し不便さを
感じますが後は何の変わりもありません。
年利も17.95パーセントとなっており、普通の大手の消費者金融と比べても全く同じです。
返済は指定の口座に振り込まなければいけませんが、私は特に大手にこだわる必要はないと思っています。
悪い内容の書き込みは、何らかの理由で審査に通らなかった人だと思うのでそういう書き込みはあまり気にしない様しています。

変わった親

どこにでも変わった人はたくさんいます。
なぜだか私は変わった人に会う確率が高いんです。
多分理由としては子供がいるからかなと思います。

子供がいれば必ずいろいろに人に話しかけられます。
そして変わった人の確率が高いんです。収入証明なしでも借りれるカードローンは?

さらに最近では私がやったわけではないのに舌打ちをして来たお父さんもいました。
勝手に相手の子供が転んだのにあたかも私がやったかのように睨まれました。
だからと言って私が何かを言うことはありませんが嫌な気分でした。
私も知らぬ間に相手に嫌な思いをさせないように気をつけようと思います。

借りたお金と貸したお金

普通なら、誰かからお金を借りたら
返すまで気になって仕方がないと思うのですが。

まったく逆の人間も、世の中にはいるんですね。全身脱毛 立川


貸した方が、言いづらさを乗り越えて
やっとの思いで返してと言うと
「え? 借りてたっけ」
「千円貸したでしょ」
「な~んだ、千円か」

そう言いながら、催促した私に侮蔑のまなざしを向けるのです。
な~んだ千円、というのなら、さっさと返せばいいのに

「ごめん、今、万札しかなくて」

でもね、その時私おつりを持っていたのです。
「9000円おつりあるから」と言うと、
彼女は真っ青になって
「あ、あ・・・あった。千円だよね」
といってくしゃくしゃの千円札を出したのです。

たぶん1万円なんて
持っていなかったのでしょうね。

もう彼女には、びた一文貸しません。

ホストクラブに通い過ぎてカードローンのお世話になりました

今から10年ほど前の私がOLとして働いていた頃の話です。
会社の先輩に連れられてホストクラブに遊びに行ったことがありました。
最初はあまり興味がなかったのですが行ってみると面白くて先輩より私のほうが楽しんでしまいました。
それから私のホストクラブ通いが始まりました。
多いときは一週間で3回くらいは遊びに行っていました。
毎月のお小遣いだけでは当然足りず、貯金をおろしてまでして遊びに行っていました。
そんなお金の使いかたをしていてはすぐに貯金も底をついてしまいます。
気付くと家賃まで払えなくなり銀行のカードローンで借りて払ったりしていました。
結婚した今からみると本当に豪勢に遊んでいたものだと思っています。

カードローンの返済について

お金がどうしても足りなくなってしまった時、友達に無理言ってお願いするよりも、カードローンで借り入れする方が誰にも迷惑がかからずに社会人としてもずっと立派な行為だと思います。

とはいえ、返済が遅れがちだったりしたらそのカードローン会社に迷惑がかかってしまいますから、そんな事がないように気をつける事が大切です。

どうしても忘れっぽい方は、引き落としによる支払いを選べば問題はありませんし、支払日を忘れないためのメールサービスを提供している会社は多いのでぜひ利用するようにしましょう。

また、返済がたとえ遅れてもちゃんとした会社のカードローンを利用する限り、怖い借金とりが来たりする事は決してありません。

お金に困る生活というのは?

余計なことに目を向けず静かに暮らしていれば、それほどお金に困る生活にはならないでしょう。お金に困る生活になってしまうのは興味の範囲が広かったり、いろんなものに手を出した結果だと思うのです。

ごく普通に生活していて生活が苦しくて苦しくてどうしようもないという事態になるとしたら、よっぽどの事情があると思います。

私の勝手な想像ですが、静かにつつましやかに暮らしていれば、食べ物に不自由したり支払いができなかったりということもないと思うのです。

モビット 増額について詳しくはこちらのサイトへどうぞ!

今日は大晦日なので夜に年越しそばを食べるのですが、ここ数年は自分で作るそばではなく、カップ
メンのそばで済ませています。
以前は袋入りの生そばを買ってきて、自分で出汁を作っていたのですが、最近では便利になったのと、
その方が値段的にも安いのです。
袋入りの生そばだけならまだ安いのですが、やっぱり2~3種類は具も入れなければなりません。
具を別に買っていたら、カップそばよりもかえって高くついてしまうのです。
今日買ったカップそばなんか、スーパーで80円そこそこで、ちゃんとてんぷらなどの具が楽しめるので
割安で便利ですよね。

 

自分の家が貧乏だなと思ったとき

小さい頃、子供ながらに、自分の家が貧乏だなと思ったことがあります。それは友達の家で夕ご飯をごちそうになった時のことです。

ごちそうになったのは、すき焼きだったのですが、まず自分の家と違って肉が沢山入っていました。

私はお金を年収1/3以上借りることは出来るのか疑問に思いました。

そして、一番驚いたのが、すき焼きを生卵を使って食べたことです。すき焼きを、といた生卵にくぐらせて食べました。自分の家では生卵は使ったことがありませんでした。これが、とても美味しくてビックリしました。と同時に、自分の家ってお金がないのかなあと思ってしまいました。

消費者金融について 

大手の消費者金融に断られて高金利の業者に借りざるを得ないという人もいます。
このような高金利の消費者金融は、高い利息を請求したりしてくるので危険です。
返済期日までに払えないと自宅まで取り立てに来たりします。
そのようなことになってしまったときには一人で問題を抱え込まずに無料相談を行っている弁護士に相談したほうがいいと思います。
適切なアドバイスをしてくれます。
ヤミ金融と呼ばれているような消費者金融は最初から利用しないということが大切です。
聞いたことのない社名の消費者金融には行かないように気をつけましょう。

急な出費などに備えた家計のやりくり方法

我が家は主人のお給料だけで生計を立てています。
主人のお給料は年俸制なのでボーナスや残業手当などの臨時収入は一切ありません。ですから突然の出費に備えて毎月のお給料から三種類の積立をしています。
一つ目は急な出費の為の「特別支出積立」ここからは冠婚葬祭を始め毎月の生計からは出せないものの出費に使います。
二つ目は「固定支出積立」ここは毎年支出が決まっているもの、例えば固定資産税や自治会費、お年玉など。
三つ目は「ボーナス積立」正確にはボーナスの代わりに使える積立です。家電を始め大きな買い物に備えた積立です。
この三種類の積立を始めてから心にもゆとりができ急な出費に慌てる事がなくなりました。